私立小学校の受験を受けるなら、幼児教室も利用しましょう。1番実用的な対策でお子さんのやる気ダウン・サボり癖・関心の無さを改善してくれます。同じ目的を持った仲間もできやすいので、「今日もみんなと頑張ろう」という気持ちが芽生えます。この気持ちになれば自然と勉強やスポーツも長続きするため、受験に強くなれます。また協調性やコミュニケーション能力が低いお子さんは、周囲と馴染みにくく孤立します。合格しても人間関係で必ずつまづくので、教室の先生と相談しましょう。相談すれば上手く周囲と馴染めるやり方を実践してくれます。そして「あいさつ」・「言葉使い」が悪いと受験の点数がかなり下がります。これらは厳しくしつけた方が身に付くので、父親の協力も必要です。最近は記憶系・お話系の問題も増えています。厄介な問題ですが絵本の読み聞かせ・玩具遊び(積み木などが効果的)で対策できます。

私立小学校の受験は大変だが得るものが多い

幼児の頃から基礎的な勉強法を確立しておけば、私立小学校の受験で合格するのも難しくありません。とはいえ、子供はまっさらな状態だと興味がいろいろな物に移りますから、勉強だけに集中させるには工夫が必要です。国語や算数など、ただ知識を暗記させるだけでは子供も苦痛に感じてしまい、テストによって受けるストレスも増えるでしょう。しかし、勉強を楽しいゲームと解釈させ、続けることができる能力を子供自らが勝ち取れれば、テストも苦痛ではなくなります。私立小学校の受験は合格してから得るものが大変多いです。合格にいたるまでは決して平坦な道ではありませんし、親の側は経済的な負担や子供の成長にあわせてさまざまな面を管理する必要があります。ただ、いい学校に入ることができれば、子供の将来の選択肢が増えるのは間違いないので、子供にはたくさんチャンスを与えてあげましょう。

私立小学校の受験で気をつけること

全国各地に学力レベルの高い学校が存在し、私立小学校ではエスカレーター式を採用して、大学まで受験なしでのぼることができるシステムが確立しています。これを利用するためには、まずテストに合格しなくてはいけません。幼児の時は、ただ子供らしくあるだけで親はかわいがりますが、子供の将来を考えるとかわいがるだけでは足りません。むしろ、国語力やコミュニケーション能力、計算能力などをたかめてあげたほうがいいでしょう。勉強は誰かに強制されてするものではありません。子供が自発的に学びたいと考え、能力を高めるのが理想です。私立小学校の受験で気をつけることは、子供のやる気をなくさせる親の行動です。模擬テストで点数がとれないなど、ささいなことで叱ったり、行動を必要以上に規制することがないよう、気を使う努力が親に求められます。